N様-愛知県-

N様-愛知県-

N愛知県

家づくりのきっかけ

もともと、「いつかマイホームを持ちたい」という気持ちはずっとありました。ただ、なかなかちょうどいい土地が見つからず、具体的な計画が前に進まない状態が続いていたんです。

県内で候補になりそうな土地はすでにいくつか絞り込んでいたんですが、人気の立地ということもあって希望に見合った売地は少なく、ずっと土地探しを続けていました。ところが最近になって、タイミングよく出物の土地が見つかったので、「今しかない!」と思って家づくりを始めた、というわけです。

参會堂を選んだ理由

ホームページで、今までの建築実例が紹介されているのを拝見しました。どの事例も一つひとつ違うデザインであるにも関わらず、立派な家が建てられているな、と思いました。

ほかの工務店やハウスメーカーの場合だと、あらかじめ用意されたプランどおりに画一的な家を建てなければいけない、といったイメージがあったのですが、「ここなら、自分のイメージ通りの家がつくれるかもしれない」と考えました。お仕着せではなく、オリジナルの設計で家づくりができそうだと期待したのが、決め手になった理由ですね。

テーマとこだわり

選んだ建設予定地は、「昔ながらの屋敷街」といった佇まいの街並みです。ですから、「街並みの中に溶け込みながらも、独自の風格を備えた建物を建てたい」というのが、大きなテーマでした。

街並みに溶け込むという点からいうと、最初のイメージは「古い洋館のような家」でしたね。重厚な佇まいで、歴史ある町並みの中で浮いてしまわないようにしたかったんです。ただし、外観は古くても中身は住みやすくないといけません。ですから、街並みに溶け込むことのできる外観と、現代的な暮らしを実現する構造・内観の両立を求めました。

参會堂さんから具体的な方法として提案されたのが、「大断面工法」の採用でした。当時はこの工法については何も知らなかったのですが、自由度の高い構造を実現できるという説明を受けて大いに魅力を感じました。そこで提案の通り、大断面工法を採用して家づくりを進めることにしたのです。

住んでみた感想

最初にイメージしていた通り、街並みに溶け込む落ち着いた雰囲気の外観を実現することができました。ディテールまでクラシカルなデザインになっていて、単に古臭いだけでなく全体の調和が取れた「シンプルなモダンデザイン」といったつくりに仕上がりました。

内部は、要望していた通り、現代的で暮らしやすい間取りになっています。実は、各部屋の間取りを決めるときにそれぞれ異なるテーマを設定していたんです。そのため、部屋ごとにデザインが異なっていて、暮らしていても飽きがこないつくりになっています。照明や家具の選び方を少し変えるだけでも、部屋ごとの雰囲気を大きく変えることができるんですが、そういった提案・アドバイスをしてもらえたのも魅力的でした。おかげで、トータルで満足できる仕上がりの家が完成したと思います。