COMPANY

工法

強固な構造を兼ね備えた安心の住まいを。

参會堂では海外建築の100年以上の耐久性を持つ住宅の構造に学び、
一貫して独自の基準で水準以上の構造を設計しています。
オーナー様の住まいに対するご要望を隅々まで実現するために、
優れたデザイン性と強固な構造を兼ね備えたプランを立案できるのが、参會堂の強みです。

耐震
とにかく、ひたすらに強固であること。


参會堂の家づくりは、まず、どれだけしっかりとした家を作ってゆくか、という考え方に貫かれています。強固さと、合理性を兼ね備えたツーバイフォー工法をベースに、さらにフレームを大きくとったツーバイシックス工法が参會堂の基本構造の仕様です。
構造設計によって導き出される強度よりも多くの構造材を用い、計算だけに頼らず、実際に強い建物を作るために、地に足がついた建物がどういうものであるかを考えています。基礎から始まり、過剰なまでに強い躯体を作るという考えが、飾りだけでないデザインの深みとして形にも表れています。
参會堂の家が、どっしりとして見た目が頑丈に見えるのは、実際にも強化された構造を採用しているからなのです。

そして豊かな空間であることも参會堂では大切なテーマです。大断面工法や、ティンバーフレーム工法など、住宅のレベルを超えた大空間を実現するさらに巨大な構造材を用いる工法も、参會堂は家づくりの為のごく普通の選択肢として考えています。
迫力のある大きな空間を作ろうとするとき、それを支える構造材はより大きく、より頑丈に組上げてゆくので、どんな空間も安心して設計することができます。
自由に描き出される家づくりのプランと、それを実現する質実剛健な構造との組み合わせが、思い描いた夢を確実に形にしてゆくのです。

免震
家を守ることは、人生を守ることです。


昨今において、地震への備えはもはや家づくりの必須条件となったといえるでしょう。
地震力に対して構造を強化するという考えは勿論のことですが、それでもひとたび地震が起きれば、建物は大きく揺れ、中の人間や財産は危険にさらされることとなります。
免震装置を用い、揺れる力そのものを吸収して建物へ伝わる振動を軽減することで、建物だけではなく、ご自身と家族、そしてこれまで培ったものをそっくりそのまま守ることになります。

免震装置を組み込んだ設計は計画の当初から行われ、それを前提とした建物がプランニングされます。
参會堂では数多くの免震、制震装置の中から最適な装置を検討しており、自由設計の中に組み入れることができます。耐震等級を上げた設計をしたり、免震装置のある家を作り上げることも、夢を実現しそれを守り続けてゆく為の選択肢として、現実的に考えてみられてはいかがでしょうか。

耐火
難しい場所であっても、あきらめなくていい。

都市部にあって、耐火建築が義務付けられている地域などには建物には厳しい制限がかけられ、仕様や使うことのできる材料などが限られるため、なかなか思い通りの家を作るのは難しいものです。

参會堂では制限が厳しい地域でも、デザイン性に優れた住居に住まいたいという方々のために、耐火建築物の設計にも対応しています。例えば、居住性に優れた木造建築で耐火構造の家を作ることも可能です。

家という形の本来の美しさと、耐火仕様という設計的に厳しい条件とを高いレベルで融合させた建物を作ることができるのも、工法を限定しない個別設計と自由度の高い仕様設定が可能な参會堂ならではの得意分野といえる部分なのです。

多様性
夢へと至る道は、ひとつだけではありません。


頑丈な建物、耐久性の高い建物の代名詞としての鉄筋コンクリート造(RC)の家も、人気が高い構造の一つです。
当然のことながらRC造や、さらに大規模な鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造を用いての家づくりを選択されることも可能です。コンクリート造は、木造と比べてより細かな構造計算や、設計段階でのアプローチの仕方、施工手順の違いなどはあるものの、参會堂ではRC造でも木造と同様に自由度の高いプランニングと、豊かで快適な空間づくりができるという数多くの実績があります。
また、広い空間取りに有利な鉄骨造や、木造でもいわゆる日本のスタンダードである在来軸組み工法、木質感を最大限に生かせるログ構造など、構造を限定しない幅広い設計ノウハウがありますので、構造にこだわった設計を望まれる方や、特定の構造を指定しての家づくりなどにも柔軟に対応できます。

目に見えない部分となりがちな構造について、参會堂が独自にこだわり続けていることは、ともかく頑丈で、地に足をしっかりとつけた家であること。
ただ見た目だけを追求するのではなく、住居の本質である人間の生活を守り、育んでゆくことを基礎にした上で、人生の楽しみを享受することができるしつらえを備えていること。
本当の意味での豊かな暮らしの舞台となる、見えない部分までもが美しい建物をつくりあげること。それが、参會堂の家づくりの理想像なのです。