Facebook

施工事例11

ヨーロッパの
プチホテルに住むように。

まるでここだけ南仏の風が吹くような、愛らしく優美な豪邸。
ベージュとホワイトの優しいコントラスト、アイアンの門もプロヴァンスの家の代表的なデザインです。

リビングとダイニング、キッチンは扉のないアーチの下がり壁で仕切りました。
風は流れ音は届く、繋がりつつも独立している居心地の良さと、それぞれのデザインを楽しむための、あえての仕切りです。

吹抜けを二階から眺めると、高さのある窓から差す光やグランドピアノが教会のように美しく厳か。
リビングには暖炉、床はヘリンボーンでクラシックに。
寝室はコンセプトを変えて3つ用意し、日ごとに好きな部屋で眠れるように。

オーナーはアメリカでも活躍した医師。当初は大手住宅メーカーで設計を進めていたものの、
何度希望を出しても納得できるデザインにならない。
そんな時、弊社に連絡がありました。
ご希望をお伺いし、最初のプレゼン。
一度目のデザインを理想通りと喜んでいただき、受注となりました。

オーナーが弊社に抱いていたイメージは、金額が高いのかも…
東京の会社が九州の家を設計するのは難しいのかも…とのことでしたが、
そのどちらも最初の顔合わせで覆ることに。

海外の家の良さを追求するには、海外の素材が不可欠。
我々は各国から直接買い付けた素材を使っています。本物の素材で作られた、
ヨーロッパのプチホテルのような家。泊まるように暮らせる日々を過ごせます。