成功するおしゃれな土地活用

賃貸住宅設計の成功法則

大手住宅メーカーの参入で賃貸市場の競争が激化し、将来的に人口減の社会が到来する現代において、賃貸経営で安定した収益を確保するためには、明確な戦略を持った建物づくりが必須であると言えるでしょう。メーカー任せの画一的な賃貸住宅では競争の中に埋没してしまいます。では、どうすればいいのか?注文住宅の専門会社である参會堂が手掛けた賃貸住宅オーナー達の成功法則をお教えします。

①オーナー自身が住みたいと思える家を考えること

②部屋は畳数だけでなく居心地のいい部屋かどうかという目線を持つ

③設備は水準以上のグレードを。浴室は大きめのもの、洗面などに収納をしっかり設ける、キッチンも調理がきちんとできるものを

④防犯性に優れていること

⑤おしゃれな雰囲気の建物、アパートといえど商品である以上、見た目も重要

失敗例の計画案

やってはいけない賃貸住宅のセオリー

上図のプランは、大手住宅メーカーが提案するようなポピュラーな間取り案です。
効率よく部屋が配置されていて無駄のない設計のように見えますが、よく見ていくと各住⼾の窓は奥の部屋の⼩さなバルコニーに面した窓だけです。
この間取りでは角部屋以外の大部分の住⼾は中央のLDKに十分な光を入れることはできないでしょう。
昼でも照明が必要な、薄暗い部屋で休日に一日中部屋にいたらとを考えると、とても居心地のいい住まいとは言えません。

とあるオーナーは有名メーカーの設計するプランだからという安心感もあり、このような設計プランで充分行けると考えました。参會堂のプランと見比べるまで違いが分からなかったそうです。そういう目線で見れば、自分が住みたいと思える家にはなっていなかったと思ったとのこと。

大手メーカーの賃貸住宅というのは既に規格が決まっている商品を土地に当て込んでいくだけの設計になっています。そこには住まう人を思う目線というものがありません。
こういった設計では近隣の賃貸住宅とも似たり寄ったりの建物になってしまうため、築10年を過ぎるとただの古いアパートになって、急激に入居者が減ってくるという怖いプランでもあるのです。

成功例の計画案

居心地のいい部屋、成功するプラン
(上記プラン)

参會堂はの賃貸住宅は、高級注文住宅の専門会社が考える、人が住むための住宅として設計されています。各オーナーの所有する土地に合わせてひとつづつオーダーメイドで、心地の良い家とはどういうものかを考えながら設計していきます。

上図のプランでは各居室に窓があって光と風を部屋の中に存分に取り入れることができます。
また、参會堂が作る⼾建て住宅と同じく簡単にガラスを割って侵入することができないドイツ製の特殊なガラスを使用した窓を採用しているので一階の部屋でも安心して居住することができます。収納も各所に必要十分な量が確保されており、設備の設置スペースも余裕があります。特に浴室は足を延ばして入れる浴槽のサイズにこだわり、賃貸住宅でありながらも⼾建てと同様の⽣活が送れるように配慮されています。
また、洗面所の壁にはモザイクタイルをあしらうなど、シンプルな中にも随所に装飾のある空間づくりがなされていて、デザイナーズ住宅としてもヨーロッパテイストを盛り込んだ質の高い住まいを実現しています。

安心、快適を賃貸住宅の枠組みを超えて設計し、作り上げられた参會堂の賃貸住宅は投資コストに対する本質的な住まいの質として優れ、特徴のある建物づくりが年月を経ても色あせない魅力を保ち続けることで、基本的な維持管理だけで⻑い将来にわたって入居者を見込むことができるので空室リスクを最⼩限に抑えることができます。

第一に住まい手にとって魅力的な建物づくりをすることで、賃貸建物としての商品価値を維持するライフサイクルが⻑くなり結果的に、経営の安定性にも優れているのです。

ヨーロッパの一軒家のような
瀟洒な洋館スタイル4+4⼾Case Study

ヨーロッパデザインの洋館建築として雰囲気のある外観を設定し、高級感のある建物

二階建てでワンルームプラスロフト付き8世帯を収容

共用入り口にはオートロック付きアイアンゲートを設けて防犯性を向上

居室の天井高3.7mを確保

収納や設備仕様を充実させ、居住性を高めている

防犯ガラス入り窓の採用でオートロックゲート、ピッキング対策玄関錠と合わせて二重三重の防犯性を実現

女性専用アパートの設定にも最適

空き土地の有効活用、
相続対策にも最適Case Study

敷地入口に共用ゲート、通路を挟んで単身者向けの木造2階建が二棟、奥にファミリー世帯向けのコンクリート造の三階建てを擁する比較的大規模な土地向けのプラン

全体に統一されたイタリアンテイストの高級賃貸住宅として設定

ゲート内の建物に囲まれた通路はイタリアの街に迷い込んだような空気感

一つの街としてつくられた敷地内にちりばめられたまるで外国のようなデザインのある暮らしは子育ての住環境としても望ましい

各世帯とも収納の量や設備の仕様などは⼾建て住宅と同様のグレードを設定し、居住性の高い賃貸住宅となっている

コンクリート+木の質感がいつまでも色あせない
魅力を放つ、中庭のある都市型賃貸住宅都Case Study

都会の杜として計画された、都市型の賃貸住宅。将来は木々の中に囲まれるようにと建物を囲むように植栽を配置。築年数を経て現在はコニファーの森になっている。
共用部にライトコートとして中庭を設置し、建物の周囲も中にも緑があふれる造りとなっている。
住⼾は開放感のある50-60㎡の大型ワンルーム+キッチンの思い切った間取りで、住まい手の使い勝手に合わせて家具やパーティションなどで間仕切って使える自由な空間。
周囲の賃貸住宅とは一線を画すこの建物の希少性が高く評価されて、古くなってからも入居待ちのリストができるほどの人気物件となっている。
建物の企画の良さが将来の経営にも好影響をもたらす良い例。

高級賃貸住宅

高級住宅街の一角に計画された、高所得者層向けの賃貸マンション

一世帯2LDK 72-75㎡ 天井高2.7m 3⼾x2棟RC造3階建

高級賃貸に相応しいハイグレード仕様。⼾建て感覚の独⽴玄関と各⼾にビルトインガレージを備える

店舗+賃貸住宅

アパート+ オーナー店舗(カフェ)

公園に隣接した恵まれた⽴地を⽣かし、アパートにオーナー経営のカフェを併設
土日には公園に来る人々の憩いの場として人気のスポットになっている。

公園の緑を借景とした住⼾の造りで賃貸住宅としても人気の建物