MENU
建築

完全自由設計の注文住宅。フルオーダーで家づくりを行う魅力とは?

完全自由設計の注文住宅。フルオーダーで家づくりを行う魅力とは?

標準という枠にとらわれることのない自由な発想の家づくりができるフルオーダー住宅。

そんなフルオーダー住宅では、こだわりや理想を実現でき、細部にまでこだわった貴方らしい空間で満足度の高い生活を過ごせます。

ただ、フルオーダー住宅という言葉の響きには「自分が考える予算内で建てられるのか」「完全自由設計と言いながら中途半端にならないだろうか」「そもそもフルオーダーはどこの設計事務所に頼むべきか」など、どこか迷いや疑問のある方も多いかもしれません。

また、注文住宅にはフルオーダー住宅という言葉のほかにも、セミオーダー住宅や規格住宅という言葉も存在しております。

今回は、注文住宅のいくつかの種類やフルオーダー住宅の意味について触れながら、フルオーダー住宅の魅力や成功へのポイントなどを詳しくお伝えしていきます。

注文住宅にも3つの種類が存在する

オーナー様の希望を叶えてくれる“注文住宅”ですが、実は内容によって3つの種類が存在し、注文住宅で家を建てたいと考えているときは、それぞれの特徴を知っておくと役立ちます。

完全自由設計の「フルオーダー住宅」

“フル(すべて)”という言葉から分かるように、フルオーダー住宅は完全自由設計で建てることができる住宅です。

何も決められていないまっさらな状態、ゼロベースから作りあげていくことになります。すべてが出来上がっている建売住宅とは真逆です。

外観や間取りはもちろん、どんな建材や設備を使うか、窓の形はどうするかなど、施主様のこだわりから出来上がります。住宅を構成する“一つ一つ”を自由な希望で叶えることが可能です。

すでにある設計をベースに理想を反映していく「セミオーダー住宅」

自分の好みや希望が反映できるという点では、セミオーダー住宅とフルオーダー住宅は共通しています。ただ、フルオーダー住宅は自由度が高いのに対し、セミオーダー住宅は部分的と言えるでしょう。

セミオーダーは、ある程度決まっているプランをベースにして家づくりを進めていく方法です。「自分で全部決めるのは自信がない」という人に向いています。フルオーダー住宅よりも打ち合わせ回数が少ないのが特徴です。

一般的に、水回りの設備機器や建材などは決められていることが多く、用意された選択肢から自分のこだわりや希望に近づけるようにアレンジした家づくりとなるでしょう。

規格の選択肢から選ぶ「規格住宅」

規格住宅は、建築会社ですでに用意している選択肢から選んだ家づくりです。

“3つの種類の注文住宅のなかではもっとも自由度は低めですが、出来上がる前から住まいに対するイメージがしやすいという特徴があります。

決まった選択肢しかないため、「自分の好みに合うものがない」という可能性も。アレンジが難しいことが多いかもしれません。

ただ、注文住宅の3つのスタイルのなかではコストをおさえることができます。

フルオーダー住宅やセミオーダー住宅と比べると自由度は低いですが、建売住宅よりは自分の理想に近い家づくりができるでしょう。

フルオーダーで住宅を建てる魅力

3つある注文住宅のスタイルのうち、家づくりへの想いを全面的に叶えられるフルオーダー住宅。どんな魅力があるかみていきましょう。

家づくりの楽しみが建築工程から完成後まで続く

フルオーダー住宅の家づくりは、ゼロからのスタート。家の完成に向けて、建築会社とお客様が共に歩んでいくスタイルです。何度も何度も打ち合わせを行い、ひとつひとつカタチにしていく“フルオーダー住宅”だからこそ、建築工程から完成後まで楽しむことができます。

家族間でも決めることは山積みです。

でも、みんなで図面を囲みながら語らう時間は未来へ通じる大切なもので、どこか心地よく感じられることでしょう。

「どんな間取りにする?」「外観はどうしたい?」などと相談し合うなかで、家族一人一人が抱いている“家への想い”が見えてきます。家づくりをきっかけに、家族の絆が深まるケースもあります。輝かしい将来のために家族がまとまり、かけがえのない時間を持てるのです。

家が建っていく様子を確認できるのも魅力です。ひとつの家を建てるには数ヶ月かかります。「どこまで建築が進んでいるのだろうか」と気になるものですよね。

間取りやデザインが要望どおりに進んでいるかはもちろん、自分の家をたくさんの人たちの手によって作られていく過程を見ることは大切な思い出となるでしょう。

オリジナリティ溢れる空間づくりが可能

フルオーダー住宅の魅力は、何と言っても“オリジナリティ溢れる家”が生まれることです。

法令上の制限の範囲内なら、細かい部分までこだわれます。広さや間取り、ちょっとした部分に施す模様やデザイン、オーナー様の沢山の想いが詰まった家が完成します。住まい手の世界観が描く唯一無二の住宅となるでしょう。

建売住宅の場合、手掛ける建築会社の特色が色濃く表れ、ほかの家と似た雰囲気になることも多いです。他とは違う家にしたいというこだわりがあるなら、ありふれた枠にはまらないフルオーダー住宅が合っているかもしれません。

部屋の形や外観を独創的にすることもできるのもフルオーダー住宅ならではです。「キッチンは海外のものを使いたい」「海外のような住宅に暮らしたい」「住まいに合わせて造り付けの家具を置きたい」など“家づくりでこだわりたいこと”が憧れや夢で終わることなく、形にできるのがフルオーダー住宅の魅力ポイントです。

家づくりの“理想”をとことん追求できる

前述したように、ひとまとめに「注文住宅」と言っても、完全自由設計なのはフルオーダー住宅だけです。

家を建てたいと思った背景、どんな家に暮らしたいか、実際に住んでからのライフスタイルなど、家づくりに対しての想いは人それぞれ。

これからの生活の基盤となる家ですから「全くこだわりがない」という人はいないでしょう。細かな点まで、住まい手の理想を追求できるのは、フルオーダー住宅だからこそです。

設計しづらいと言われている変形地などの土地を持っている場合でも、理想を叶えながらの家づくりができます。

予算の範囲内での建築も可能

“フルオーダー”と聞くと、「高そう・我が家の予算では難しそう」と二の足を踏む方もいらっしゃるかもしれません。しかし、オーナー様がご提示する予算内で建築することもできます。

フルオーダー住宅を30年も手掛けてきた参會堂は、オーナー様の予算に寄り添った家づくりを考えています。

それぞれ異なる家族構成やライフスタイルに合わせると、限られた予算があることで「妥協しなければならない」とマイナスに捉える方もいるかもしれません。

しかし、理想を突き詰めたい部分、逆に抑えてもいい部分を明確にできていれば予算内でのフルオーダー住宅も可能です。

参會堂は、「予算内で理想の家が叶えられた」とプラスの満足感につなげられるように、お客様の声に耳を傾けたフルオーダーでの家づくりを意識しています。

「この予算では難しいのだろうか」というご不安があるときも、ぜひお気軽にお話をお聞かせください。

フルオーダーの注文住宅を成功させるポイント

建物が完成した後は、オーナー様ご家族の暮らしのスタートです。家づくりは「成功・失敗」という一言では語り切れない部分もありますが、後悔が残ってしまうと心から“満足した”とは言えないかもしれません。

そこで、フルオーダー住宅での家づくりに後悔を残さないため、成功に導くポイントをいくつかお伝えしていきます。

ポイント1.予算を明確に共有しておくことが大事

最も重要なのは予算を明確にして、それを家づくりに関わる方全員に共有することです。

フルオーダー住宅は、根本的に無理なことでない限り、どんな想いも実現することが可能。

ただ、予算を考えずにフルオーダーを進めていくと、ひとつひとつの理想が膨れあがりコストがどんどん積みあがっていくのも現実です。

あらかじめ明確にすることで「ここはコストをかけたい」「ここの性能は最低限でもいい」というように考えることもできるでしょう。

但し、予算内に収めようとするあまり、“妥協した家づくり”をすれば、フルオーダー住宅の満足度も低くなることに…。予算のなかでもバランスを考え家づくりをすることが大事です。

参會堂は、30年もの長い期間、フルオーダー住宅を設計してまいりました。

お客様の家づくりが「妥協した・諦めた」という後悔を残さないよう、予算面でのお話合いも深めてまいりたいと考えています。

家づくりの予算の共有をしっかりとしたうえで、オーナー様とともに理想を実現できるように進めてまいります。

ポイント2.防犯性を重視した家づくり

フルオーダー住宅を作る際、はじめに頭に浮かぶのは見た目や生活に直結する部分ではないでしょうか。

リビングの広さや窓の形、部屋の配置、キッチンのデザイン…など、目に見える部分は理想を追求したいものですよね。

ただ、“家”の根本的な目的は人を守ることで、安全性も大切です。個性的でスタイリッシュなデザインの住まいも、防犯面が劣れば住む人を守ることはできません。

戸建住宅の場合、空き巣被害は約7割が窓からの侵入によるものと言われています。窓ガラスは、断熱性と同時に「割れにくい・侵入されにくい」という視点でも考えるべきでしょう。

参會堂は、ドイツ製の防犯サッシを使用しています。4層に重ねられたガラスに貼られた特殊な繊維フィルムのおかげで、割れたガラスは貫通しません。世界のなかでもトップグレードの防犯性能を誇る窓です。

もちろん、気密性や断熱性にも優れており、お住まいのなかを快適な温度に保ってくれます。

ポイント3.デザインは周囲の環境にもなじませる

フルオーダー住宅なら海外のようなデザイン、モダンデザイン、シンプルデザインなど、好みの個性溢れる外観を作ることができます。

家の中は、家族や招いた人だけしか見ることができません。でも、外観は誰でも見ることができる“家の顔”です。あまりにも個性が強めだと、周囲から浮く可能性もあります。

特に、住宅街に建てられた場合、周囲になじまず長い期間住み続けるのは大変なことです。自分らしさを表現しつつ、周囲との調和も意識し、外観や外構デザインを考えましょう。

参會堂が建てる完全フルオーダー住宅

それでは、参會堂がこれまで建ててきたフルオーダー住宅を3つご紹介していきます。

いかだをイメージした幻想的なピアノ室

いかだをイメージした幻想的なピアノ室1

ピアノ室は、海に浮かんだ「いかだ」をイメージしてデザインしました。

広がりと奥行きが感じられる空間です。床下の一部には砂を敷き詰め、照明でライトアップすることで海を再現しました。

波をイメージさせる青く放たれた光、まるで海の上にいるような臨場感に包まれています。神秘的な雰囲気のなかで奏でられるピアノの音色は格別なものとなりそうです。

下からは青い幻想的な光、上からはスポットライトの温かみのある光。様々なライトコントロールが出来るよう設計された空間です。

シアタールームとしての役割もあり、天井にはスピーカーなどの機器を収納しました。

いかだをイメージした幻想的なピアノ室2

上の階への移動手段だけでなく、洗練された空間へと導いてくれるインテリア性のあるらせん階段です。曲線で描かれたらせん階段は、吹抜けの階段ホールに佇むオブジェにもなります。

上から覗いたときの景色も格別です。らせんが描く繊細で丸みのある曲線が織りなす中央には、メガロンのタイルがデザインされています。まるで絵画のような美しさです。

一見リビングに見えるホテルのような玄関ホール

一見リビングに見えるホテルのような玄関ホール1

一見、リビングのように見える広々としたこちらの空間。実は、接客スペースを設けた玄関ホールです。お仕事関係の来客が多いというオーナー様ですが、ファミリースペースに入れたくないというご希望があり、玄関ホールに来客用のスペースを設けました。

床材は、白さが輝く大理石を使いました。等間隔で設置されたダウンライトの光が反射し、空間全体に広がりが感じられます。

玄関ホールの奥側には和室を設け、Rでデザインした仕切りにより空間を分けることができました。Rのデザインは、大理石に描かれた円形の模様、曲線を描くような階段との相性も良いです。

一見リビングに見えるホテルのような玄関ホール2

床材や内装、ソファーというように、全体的に白が基調となっています。日中は照明がいらないほど明るく穏やかな空間です。

和室には、モダンでインテリア性の高い畳を使用しました。グレー系の色合いの畳は、さり気ない重厚感が得られます。玄関ホールと和室の仕切りを開けることで、さらに空間に奥行が感じられます。

昼夜問わずお客様をもてなすことができ、訪れた人が穏やかにくつろぐ風景が浮かんできます。玄関ホールであることを忘れてしまいそうな、優雅なエリアです。

家族を感じながら仕事ができるオープンな書斎

家族を感じながら仕事ができるオープンな書斎1

オーナー様のご希望で、家族の存在が感じられるオープンな書斎となりました。スキップフロアに設けた書斎は一段高く、リビング全体を見下ろすことができます。

書斎での作業中、目の前に広がるのは広々とした空間。一息つくとき視線を遠くに向けることができ、気分転換がしやすい造りです。

Rの曲線が採用されたデスク、アーチ形状のFIX窓などの空間に施された流線、そして暖色系のデザインタイル。洗練されたスマートな雰囲気だけでなく、親しみやすさも感じ取れます。

家族を感じながら仕事ができるオープンな書斎2

デザインタイルが施された壁面の背後にある書斎は、リビング側からは見えにくい構造になっています。石が積み重ねられたようなデザインタイルが空間全体に厚みをプラスしています。

柔らかさと穏やかさがある壁面内に施された間接照明の光。ひとつひとつは控えめですが、各所に散りばめられることで空間全体を優しい光で包み込んでくれます。

参會堂で建つ家は標準仕様がない特別な家

人生において幾度もあるわけではない“家づくり”だからこそ、叶えたい想いは沢山あるはずです。フルオーダーなら、型にはまらない“たったひとつの物語”を作りあげていくことができます。標準という枠に縛られず、貴方らしい空間での暮らしを可能にしてくれることでしょう。

参會堂の注文住宅は標準仕様を設けず、オーナー様の夢をカタチにつなげた特別な家をゼロから共につくりあげてまいります。

「予算が足りるだろうか」「思い描いている家づくりが叶うだろうか」など、フルオーダー住宅にはご不安な点も多いかと思います。

おぼろげな不安がある、頭のなかでイメージしづらいなど、フルオーダー住宅に関する気持ちをぜひ私たち参會堂にお聞かせいただけませんか。お客様とのコミュニケーションを通して具体的な形に近づけてまいります。

これまでの豊富な経験で培ってきた設計力とデザイン力を持つ参會堂だからこそできることがあります。イタリアには現地パートナーを持ち、ネットワークを通じて“本物の素材”や“本物のデザイン”も可能です。

お客様それぞれが持つ、予算や家への希望を私たちが形にしてまいります。まずは、一緒に家づくりについて語り合いましょう。

記事一覧に戻る

この記事と同じカテゴリーの記事

  • 枠にとらわれない高級注文住宅の施工事例3選。一般的な注文住宅との違いを解説
    建築

    枠にとらわれない高級注文住宅の施工事例3……

  • 洋風の家ってどんな家?洋風住宅の特徴と事例、和風住宅との違いとは
    建築

    洋風の家ってどんな家?洋風住宅の特徴と事……

アクセスランキング ACCESS RANKING

  • 男が憧れる、かっこいい書斎の施工事例3選。理想の自分空間を手に入れようアイキャッチ
    デザイン

    男が憧れる、かっこいい書斎の施工事例3選……

  • 優れた邸宅の外観デザイン3選。豪邸に隠された⼀般的な住宅との差とは
    デザイン

    優れた邸宅の外観デザイン3選。豪邸に隠さ……

  • まさに芸術。個性的でおしゃれなガレージ・ガレージハウスの施工事例3選
    建築

    まさに芸術。おしゃれで個性的なガレージ・……

  • 建築

    4台の車が並ぶガレージの施工事例。こだわ……

  • クラシックな空間を華やかに彩る。おしゃれすぎる階段デザインの施工事例3選。
    デザイン

    クラシックな空間を華やかに彩る。おしゃれ……