MENU
建築

後悔しない吹き抜けリビングをつくる際のポイント。ゆとりある空間で開放的な暮らしを

後悔しない吹き抜けリビングをつくる際のポイント。ゆとりある空間で開放的な暮らしを

リビングは家族が集まるくつろぎに満ちた空間である一方、訪れるお客様に対しては邸宅の顔のような役割を果たす、邸宅の評価に直結しやすい場所でもあります。

そんな大切な空間だからこそ、オーナー様の遊び心やホスピタリティを存分に発揮できる、上質で豪華な唯一無二のリビングにしたいものですよね。

そして、それを実現させてくれるものが、「吹き抜けリビング」という空間なのです。

吹き抜けリビングは、忙しい日常で疲れた心と体を癒してくれる、ゆとりと開放感を味わえる特別な空間になっています。

ただ、吹き抜けリビングへの憧れが募る一方で、「自分の理想が形にできるのか…」「冬場は寒いのではないだろうか…」などの心配から、吹き抜けリビングを取り入れることを躊躇している人もいるかもしれません。

そんなときには、吹き抜けリビングの目的やメリット、そして作るときのポイントをおさえておけば、理想を実現させることができるでしょう。

今回は、吹き抜けリビングを作る前に知っておきたいポイント、だれもが感嘆の声を上げてしまうような、高級感あふれる吹き抜けリビングの施工事例をお伝えしていきます。

吹き抜けリビングがもたらすメリット

おしゃれなイメージの高い吹き抜けリビングに、憧れを持つ人は多いものです。

しかし、自由度が高く意匠を凝らしやすい反面、その自由度の高さゆえに理想を現実化する難易度が高くなるので、作ることを躊躇してしまうこともあるでしょう。

そこで知っておいて欲しいことが、吹き抜けリビングがもたらすメリットです。

開放的でゆとりのある空間

吹き抜けリビングの大きなメリットは、開放的でゆとりのある空間が得られることです。

高さがある分、同じ広さのリビングよりも空間の広がりを感じることができ、圧迫感を感じることがありません。

リビングは、家の中で最も家族の使用時間が長く、お客様をお迎えする機会の多い空間でもあります。家族と団欒する時間、気の合う仲間たちとわいわい集まる時間…

ゆとりのある広々とした空間である吹き抜けリビングならば、あらゆるシーンに対応でき、より一層楽しい雰囲気を盛り上げてくれます。

さらに、ひとりでリラックスする時間でも、吹き抜けリビングは特別なメリットを与えてくれます。

広い空間は人の気持ちをゆったりと穏やかにしてくれ、日々のストレスから解放してくれるという効果も期待できます。

自然光を多く取り入れられるので明るい部屋に

次のメリットは、自然光を多く取り入れられるので、明るい部屋にできることです。

通常のリビングの場合は、そのフロアのみの採光になりますが、吹き抜けリビングの場合は、上部に窓を設けることによりたくさんの窓からの採光が可能になり、自然光をふんだんに取り入れることができます。

高い位置から入ってくる光はリビングの奥まで届くため、窓際だけではなくリビングの奥まで自然光を取り入れられ、部屋全体を自然な光で満たせるのです。

さらに、吹き抜けリビングの天井には天窓を設置することも可能なので、太陽の光を効率よくリビングに取り入れることができます。

おしゃれでデザイン性の高いリビングを実現

さらに、吹き抜けリビングのメリットとして、おしゃれでデザイン性の高いリビングを実現できることが挙げられます。

同じ面積のリビングと比べ、吹き抜けリビングは縦方向へと空間が広がっていくので、内装に意匠を凝らせる面積が広くなります。

広い面積の壁をアクセントウォールにしたり、大きな窓を配したり、お気に入りのカーテンを吊るしたり…、オーナー様の感性を思う存分発揮することができます。

また、立体的にも遊べる空間が増えるので、デザインの自由度が高くなり、オーナー様の理想を叶えやすくなります。

お部屋のテイストに合わせて、クラッシックなデザインのシャンデリアを吊るしたり、機能性とクールさをアピールできるシーリングファンを設置したりすることで、快適でありながらもおしゃれな空間をつくりだせるのです。

特に縦方向に広がる立体的な空間を自由に使える吹き抜けリビングは、おしゃれなリビング階段との相性が抜群で、デザインをトータル的にコーディネートすることができます。

このようなメリットに対する正しい知識を身につけることで、おしゃれな吹き抜けリビングを取り入れた邸宅作りが実現可能です。

吹き抜けリビングをつくる際のポイント

吹き抜けリビングを成功させるためには、いくつかのポイントが大切になってきます。

空調設備

ご自宅に吹き抜けリビングを作った人が仰るデメリットの多くが、温度差に関しての問題です。

「冬になると寒くて仕方がなかった…」
「広すぎてエアコンの効きが悪い…」

冷え性に悩む方や暑がりの方にとっては深刻な問題で、快適に過ごすことが求められるリビングの機能を果たせない結果になってしまいます。

これは、暖かい空気が上へ移動するという性質によるものです。

1階のリビングで温められた空気が天井の上部に流れて行ってしまうので、くつろぎ空間である低い位置のエリアでは、快適な温度を得ることができなくなってしまうのです。

温度差が発生してしまうのは、断熱性能の悪いところに穴を開けてしまう為であり、下が寒くて上があったかいという悪い状態を引き起こしてしまいます。

そんな空調に関する問題を解決するには、シーリングファンや床暖房、全館空調などの空調設備を事前に考えておくことが重要になります。

空気が循環する機能を付けておけば、そのような問題は解決することが可能で、冬でも寒くない快適なリビングを手に入れることができるのです。

窓の設置位置

快適な吹き抜けリビングを実現させるためには、多くの自然光を取り入れて採光効果を最大限に活かせるような、緻密に計算された窓の設計が重要なポイントになってきます。

壁の面積が広いために、「天然の光をふんだんに取り入れられる大きな窓を設置しやすい」ということが、吹き抜けリビングのメリットです。

しかし、吹き抜けリビングは縦方向に空間が広いので、その空間に十分な量の採光を得られるような窓の設置位置を考えないと、暗い感じのリビングになってしまうのです。

さらに、自然光に頼りすぎると、雨天や夜間には十分な採光を得ることができなくなってしまうので、照明機器の存在も重要です。

多すぎる照明機器は洗練された雰囲気を醸し出すことができず、野暮ったい感じになってしまい、照明機器が少なすぎると、暗い感じのリビングになってしまいます。

窓の設置位置を入念に調整して、照明機器とのトータルバランスを上手にとることも、吹き抜けリビングを成功させるポイントになるのです。

リビング以外の間取り

吹き抜けリビングにした場合には、2階の床面積になっていた部分を吹き抜けの空間として使用するので、2階部分の床面積が減ってしまいます。

例えば、使用できる土地の広さが制限される場合には、吹き抜けリビング以外の居住スペースや収納スペースが狭くなるという問題が発生します。

できることならば、吹き抜けリビングもその他の空間も快適に使用して、ストレスなく生活したいものですよね。

解決が難しそうな問題ですが、家を建てる土地や家の性能、ご家族のライフスタイル、間取りまでを考慮した高い設計力があれば、解決することは可能です。

施工実績が豊富なプロの力が加わることで、問題点を解決しながらも、センスのよい吹き抜けリビングを作りあげることができるのです。

さらに、吹き抜けリビングの施工事例をたくさん見て、自分の好みや趣向を明確にしておくことも、今後家を建てる際に大いに役立ちます。

開放的でおしゃれな空間!吹き抜けリビングの施工事例

次に、参會堂がこれまでに手掛けた開放的でおしゃれな吹き抜けリビングの施工事例を3つご紹介していきます。

空間の広がりと温かみ 両立を叶えた吹き抜けリビング

空間の広がりと温かみ 両立を叶えた吹き抜けリビング-1

開放感のある広々とした空間で、大切なご家族やお仲間のかたに、心からくつろいでもらいたいという、オーナー様の想いがぎゅっとつまった吹き抜けリビングです。

リビング全体を吹き抜けとして、上階からもリビング全体を見渡せる構造にしました。

庭に面した大きな窓からは自然光が差し込み、白を基調とした上品な室内を明るく照らします。

さらに、吹き抜けリビングならではの上部に配された窓からも、優しい自然光が差し込み、天然石を敷きつけた室内を優しく照らしてくれます。

天井が高い吹き抜けリビングならではの問題点として、照明があります。

この邸宅では、アンティークデザインの大型シャンデリアを、2機吊り下げて設置しています。

照明部分を床から遠すぎない位置に設定することで、意匠を凝らしたシャンデリアを充分鑑賞することができ、夜間でも十分な明るさを得られるようにしてあります。

空間の広がりと温かみ 両立を叶えた吹き抜けリビング-2

吹き抜けリビングで挙げられる大きな問題点として、空調の効き具合ということがあります。

こちらの邸宅では、シャンデリアとシャンデリアの間に、室内の空気を優しく循環させるシーリングファンを設けました。

上品で高級感あふれる雰囲気を崩さないようにするために、デザインや配置する場所を綿密に計算し、目立たないように、しかし、効果を最大限に発揮できるようにしています。

自然光で遊びくつろぐ 光にあふれた吹き抜けリビング

自然光で遊びくつろぐ 光にあふれた吹き抜けリビング-1

こちらの邸宅の大きな特徴は、邸宅が位置する場所にあります。見晴らしのよい山の斜面に建てられたこの邸宅は、高低差を活かしたつくりになっています。

2階に設置されている玄関から邸宅内に入ると、目の前に光あふれる広々とした空間が広がります。

階段とホールの壁面上部に、濃いブラウンの木枠で縁取られた大きな円形のFIX窓をシンメトリーに設置しました。

この特注の大きな窓は、階段の天然木の風合いと相まって、訪れる人にあたたかなぬくもりと安らぎを感じさせてくれます。

さらに、吹き抜け空間でなければ実現できない渡り廊下が正面に設置され、その先の窓から広がる雄大な景色への期待感をアップさせてくれます。

階段や2階部分の手すりにも工夫を加え、装飾を極限まで抑えたモダンでシンプルなデザインを採用しました。

階下の見通しがよくなるので空間の広がりを感じさせることができ、広々とした空間にさらに解放感を与えます。

自然光で遊びくつろぐ 光にあふれた吹き抜けリビング-2

もうひとつの吹き抜けリビングのテーマは、家族の安らぎになっています。

大開口の窓を設けるだけでなくトップライトも採用し、リビング全体に明るい日差しがふんだんに入るようにしました。

窓の外には、緑豊かな庭が広がります。

大きな窓のブラウンの窓枠や、天然の風合いが生きた床材の効果で、庭と室内が一体化しているような感覚になり、リビングの安らぎ感がアップしています。

高い天井には、壁や天井と同色のシーリングファンが設置され、お部屋の雰囲気を壊すことなく、快適な空調を実現させることができています。

荘厳さと優しさを合わせ持つ 時空を超えた吹き抜けリビング

厳さと優しさを合わせ持つ 時空を超えた吹き抜けリビング-1

部屋に入ると目に飛び込んでくるのが、吹抜けリビングの中央に配置されたクラッシックな雰囲気の暖炉です。

天井まで続く煙突を持つ石貼りの暖炉は、中世ヨーロッパの荘厳な教会や城郭を思い起こさせ、暖房機器の枠を超えて芸術の域にも達しています。

吹き抜けリビングならではの高い天井が、邸宅のランドマークとして君臨するこの暖炉の設置を可能にしています。

この吹き抜けリビングが、荘厳ながらも明るさを感じさせる仕上がりになっているのは、大きな窓から差し込む天然光と、優しい色合いの内装の効果です。

淡い色味の石を使用することと、木目を生かした天然木の床材が重くなりがちなクラッシック様式のリビングを、軽やかな印象に変化させてます。

さらに、暖炉と同じ石貼りの壁面や部屋の出口の上部はアーチを描いていて、優しい雰囲気を演出することに成功しています。

厳さと優しさを合わせ持つ 時空を超えた吹き抜けリビング-2

この邸宅の空調は全館空調なので、吹き抜けリビングならではの温度差を心配する必要がありません。

全館空調の設備も写真では目に付くように感じますが、リビングにいる人からは死角になる位置に設置しています。

そのため、おしゃれな世界観を壊すこともなく、リビングを快適な状態に保つことが可能です。

理想の吹き抜けリビングを手に入れよう!

最近は、おうちで過ごす時間がクローズアップされるようになってきていて、ご家族や親しいお仲間が集えるリビングの重要性がますます高まってきています。

後悔しない家づくりの為に正しい知識を

邸宅に吹き抜けリビングを取り入れようとする場合に、いちばん気になる点は、一般的に言われている吹き抜けリビングのデメリットなのではないでしょうか。

「冬は寒い…」「耐震性が弱くなる…」

すでに吹き抜けリビングを設置している方などから、そのようなデメリットを見聞きすると、不安が増加して吹き抜けリビングの設置を躊躇してしまいがちです。

しかし、このデメリットはすべての吹き抜けリビングに当てはまるものではなく、上質な建材や最高の技術を駆使することによって解決できるのです。

そのためには、オーナー様自身が吹き抜けリビングに関する正しい知識を身に付けて、理想の吹き抜けリビングを実現させられる設計事務所を選択することが必要になってきます。

吹き抜けリビングの設計には豊富な経験が必須

理想とするおしゃれな吹き抜けリビングをつくりたいという想いが強すぎると、デザインばかりに重点が置かれてしまい、見栄えは良くても快適とは言えない空間になってしまいます。

しかし、高級注文住宅を約30年手掛けてきた参會堂ならば、吹き抜けリビングにデザイン性と機能性を両立させることが可能です。

参會堂の豊富な設計経験は、どんなデメリットでも解決することが可能であり、オーナー様が理想とするような、「居心地の良さ」と「理想やこだわり」が同居した贅沢な空間を作り上げることができるのです。

私ども参會堂が持っている正しい知識とこれまでに蓄積してきたノウハウで、オーナー様の理想の吹き抜けリビングを形にすることができると考えております。

お客様の理想を叶える参會堂の家づくり

オーナー様やご家族の方に、最大級のリラックスタイムを与えてくれる理想の吹き抜けリビングを実現するためには、経験値と発想力が大切になってきます。

参會堂は、これまでに優れたデザインの吹き抜けリビングづくりに多数携わってまいりました。「おしゃれな吹き抜けリビングをつくりたい」漠然としたそんな思いからでも、理想の吹き抜けリビングを実現させることができます。

参會堂の家づくりは、オーナー様との会話から始まります。じっくりと時間をかけてオーナー様のお話に耳を傾け、オーナー様の頭の中にある小さなイマジネーションを膨らませていきます。

そして出来上がったイメージを具現化して、理想の吹き抜けリビングを完成させます。

まずは、ご相談ください。

オーナー様の理想とする吹き抜けリビングのイメージを、私たち参會堂にお聞かせください。

共に取り組み、一緒におしゃれで素敵な吹き抜けリビングを造り上げていきましょう。

記事一覧に戻る

この記事と同じカテゴリーの記事

  • 建築

    こだわりが詰まった注文住宅の施工事例。こ……

  • 洋風の家ってどんな家?洋風住宅の特徴と事例、和風住宅との違いとは
    建築

    洋風の家ってどんな家?洋風住宅の特徴と事……

アクセスランキング ACCESS RANKING

  • 海外デザインの家と日本の家の違いとは?日本国内に建つ海外デザイン住宅の実例3選
    デザイン

    海外デザインの家と日本の家の違いとは?日……

  • 洋風の家ってどんな家?洋風住宅の特徴と事例、和風住宅との違いとは
    建築

    洋風の家ってどんな家?洋風住宅の特徴と事……

  • 優れた邸宅の外観デザイン3選。豪邸に隠された⼀般的な住宅との差とは
    デザイン

    優れた邸宅の外観デザイン3選。豪邸に隠さ……

  • 男が憧れる、かっこいい書斎の施工事例3選。理想の自分空間を手に入れようアイキャッチ
    デザイン

    男が憧れる、かっこいい書斎の施工事例3選……

  • 高級感あふれる邸宅の内装デザイン3選。豪邸を設計する際に気を付けるべきポイントとは
    デザイン

    高級感あふれる邸宅の内装デザイン3選。豪……