MENU
建築

枠にとらわれない高級注文住宅の施工事例3選。一般的な注文住宅との違いを解説

枠にとらわれない高級注文住宅の施工事例3選。一般的な注文住宅との違いを解説

住み心地に大きく影響する内装や機能性はもちろん、自由度の高いデザインが映える外観も、高級注文住宅ならではの醍醐味になります。

自由な発想で家づくりができる高級注文住宅でなら、オーナー様やご家族の方が心から満足できる最高の時間を過ごすことができるでしょう。

しかし、枠にとらわれない高級注文住宅を建てたいと思ったとき、「建ててから後悔しないだろうか…」「自分の理想とするデザインに仕上がるだろうか?」という不安や疑問が湧いてくるのではないでしょうか。

今回は、参會堂が手がけてきた高級注文住宅を3つご紹介しながら、高級注文住宅と一般的な注文住宅との違いについてお伝えしていきます。

高級注文住宅と一般住宅の違いとは

高級注文住宅が醸し出すラグジュアリーな雰囲気は、一般的な住宅とは一線を画していますが、その違いとはいったい何なのでしょうか。

高級注文住宅と一般住宅の違いについて、いくつかの観点からご説明していきましょう。

坪単価の違い

一般的な家づくりにおいて建築費用は重要な要因であり、坪単価は予算を把握する役割を担っています。

通常、注文住宅で家づくりをするときには、坪単価をベースにして、使用する素材を選定していくことが多いものです。

一般的な注文住宅の多くは、標準仕様の限られた選択肢のなかから建材や設備を選び、家づくりを進めることになります。

その結果、どこかで見たことがあるような、似通った家ができてしまうこともあります。

一方、オーナー様の理想やこだわりを実現していく高級注文住宅には、標準仕様や坪単価は存在しません。

ハイグレードな素材、ハイスペックな設備、意匠を凝らしたデザイン。オーナー様の理想やこだわりを実現していくことで、建築費用は決定していきます。

デザインの自由度の違い

一般的な住宅のイメージとして、直線だけで構成されたような外観を思い浮かべる方が多いことでしょう。

シンプルで飽きがこないデザインが特徴ですが、ありきたりな仕上がりになってしまう危険性もあります。

それに対して、高級注文住宅の外観の特徴としては、自由度の高いデザインが挙げられます。

ダイナミックなラインをベースにしながらも、見る人すべてを魅了する、“芸術的な形状”“優雅な曲線”“奥行を感じさせる色使い”。

高級注文住宅ではそれらを融合させることで、洗練美や立体感を演出することができるのです。

また、間取りに関しても自由度は高くなります。

“芸術性の高いエントランスホール”“吹き抜けが特徴のリビングルーム”“暖炉の炎を見ながらくつろげるガレージ”

オーナー様の理想を実現できる自由度の高い間取りも、一般的な住宅では真似のできない、高級感あふれる佇まいをもたらしてくれるのです。

使用する素材の違い

広く普及しているような素材を使った一般的な住宅は、アレンジを施したにも関わらず、どうしても似通ったつくりになりがちです。

それに対して、高級注文住宅の家づくりには、それにふさわしいハイグレードな素材をふんだんに使います。

ふたつとして同じものが存在しない天然石や天然木など、自然が織りなす美を堪能できる素材をふんだんに使用できることも、高級注文住宅の特徴であると言えます。

また、高級注文住宅では窓の数を多くして、外観の美しさや室内の特別感を演出します。

しかし、そこで注目しなくてはならないポイントが、窓の耐久性と防犯性です。

窓は犯罪の侵入経路になると言われているため、割れにくくて耐久性と強度のある窓を使用することが、高級注文住宅には必要になります。

設計者の水準の違い

高級注文住宅の設計では、一般的な住宅と差をつけるために、外観や外構を含めた住まい全体に対してのきめ細やかな設計力が求められます。

一般的な住宅とは違った個性を演出できる、デザイン性の高い住宅を設計するためには、もちろん知識も必要です。

しかしそれ以上に、豊富な経験から培った豊かな感性や、それを表現できる高いデザイン技術など、優れたスキルが重要となります。

街並みとの調和を考慮しながら、立体感や陰影まで計算した大胆なファサードデザインをつくり上げる手腕も問われます。

日本ではそれほど一般的ではない高級注文住宅。

実際に設計に関わった経験の豊富さが、幅広いタイプの高級注文住宅の提案へと繋がり、オーナー様の理想やこだわりが詰まった高級注文住宅を実現できるのです。

高級注文住宅を成功させるポイント

それでは、次にオーナー様が理想とする、こだわりにあふれた高級注文住宅を成功させるポイントを見ていきましょう。

こだわりや好みを明確にしておく

高級注文住宅では設計の自由度が非常に高くなる分、オーナー様が心の中に描くイメージが非常に重要になります。

さらに、そのイメージを具体的にさせるためには、こだわりや好みを明確にしておく必要性があり、優れた事例をたくさん見ておくことが効果的になるのです。

ただし、日本では高級注文住宅の事例があまり多くなく、実際に目にする機会も少なくなっています。

一般的な住宅の事例は数多くありますが、無難でありふれたデザインが多く、それらの事例を見てもあまり参考にはなりません。

そんなときにおすすめになるのが、海外の高級ホテルやクリニックなどの空間です。

お客様や患者様にリラックスして過ごしてもらえる空間づくりを極めている海外の高級ホテルやクリニックなど、住宅とは別の空間からイメージを取り入れてみましょう。

「シンプルで洗練された空間」「心からくつろげる上質な空間」「都会的なのに親しみやすい空間」それらの空間には、高級注文住宅づくりに取り入れたいアイデアが満載です。

住宅にこだわらず、さまざまなジャンルの事例にたくさん触れ、自分の中のイメージを膨らませておきましょう。

実用性を意識した空間設計

高級注文住宅では、だれもが振り返るような、重厚感や高級感のある外観が重要となります。

見る人すべてを魅了するような外観は、超高級ホテルや別荘にいるような非日常的な感覚を呼び、日常生活が行われる場であることを忘れてしまいそうです。

しかしながら、家は眺めるだけの目的で建てられているわけではありません。オーナー様や大切なご家族の方の生活の拠点となる大切な場所なのです。

だからこそ、間取り・動線・収納・防犯性等の実用性を意識した空間設計にもこだわることを決して忘れてはなりません。

使い勝手のよい収納は確保できているのか、空間から空間への動線は確保できているのかなど。

暮らす人の生活パターンを実際にイメージしながら、実用性を意識した空間設計を行うようにしましょう。

高級注文住宅の依頼先選び

住宅を建てようと思った際、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つが選択肢としてあがる場合が多いことでしょう。

工場で建材を制作するため品質が安定している大手ハウスメーカー、地元密着のタイプが多く融通が利きやすい工務店、それぞれにメリットはあります。

しかし、高級注文住宅に必要なものは、一般的な住宅で見かけるようなありふれたデザインや仕様ではありません。

誰もが感嘆の声をあげるような“オリジナリティあふれる自由な設計”それを実現できるのが設計事務所なのです。

高級注文住宅においてオーナー様の理想やこだわりを具現化する際、設計上難しいと感じるようなポイントもあるでしょう。

しかし、そんな時でさえ、設計士の豊富な経験や卓越した技術は、オーナー様の理想に限りなく近い高級注文住宅を実現することが可能になります。

枠にとらわれない高級注文住宅の施工事例3選

参會堂が細部にまでこだわって手掛けてきた、数々の高級注文住宅。

そのなかから、一般的な住宅との違いをはっきりと感じられる、枠にとらわれない高級注文住宅の施工事例を3つご紹介させていただきます。

まばゆい光に満ちあふれた高級注文住宅

白を基調とした壁や天井が、大きな窓から取り入れられる太陽光を反射して、まばゆいばかりの光を放つ、光に満ちあふれた高級注文住宅です。

まばゆい光に満ちあふれた高級注文住宅-1

ダークブラウンの床材は、色の濃淡によるグラデーション効果により、立体感と奥行を感じさせてくれるのです。

モールディングで装飾を行い細かなデザインを施した壁面は、優美な陰影を創り出し、豊かな表情を見せてくれます。

壁に設けられたニッチな飾り棚。季節の花々を飾れば、そこはギャラリーに早変わり。美しい絵画のような壁面は、その空間を訪れる人々にひと時の安らぎを与えてくれるでしょう。

螺旋階段のあるホールに吊るされたクリスタルのシャンデリアは、まるで芸術品のよう。透明感のある素材で統一することで、この高級住宅にぴったりな、繊細で可憐な雰囲気を醸し出しています。

まばゆい光に満ちあふれた高級注文住宅-2

開放感あふれるリビングは、他の空間との統一性を図りつつ、白とブラウンでまとめました。

段差があることで視界が広がり奥行がうまれ、広い空間をさらにゆとりあるものに感じさせてくれています。

「グラデーションを活かした天然木のよさを味わえる空間」と「寄せ木の模様が美しい造形美を味わえる空間」。

この空間を明確に区分しているのは、ステップフロア、飾りタイル、特注のアイアンなどの効果です。

天井と同じドーム型をした吹き抜けのあるリビングは、長方形や半円形など、さまざまな形の窓によって、遊び心にあふれた空間となっています。

それに対して、床材と同じダークブラウンのグランドピアノが置かれた空間は、落ち着きのある上品なスペースに仕上げました。

ピアノの演奏を聞きながらリビングで寛ぐ…

そんな上質で贅沢な時間をこころゆくまで味わえる、そんなリビングになっています。

アクセントカラーが特徴的な高級注文住宅

清潔感のある白を基調とした凹凸がある外壁に、印象的な赤が際立つガレージ扉をアクセントとし、スタイリッシュな外観に仕上げました。

アクセントカラーが特徴的な高級注文住宅-1

外壁の白と対比させるように、壁面にはめ込んだモチーフと門扉のアイアンや、窓枠にはブラックのカラーを取り入れました。

白と黒。さらに、エントランス部分に天然石とタイルで描いた模様には、ブラウンやアイボリーを使用。

全体的にシックで落ち着いた雰囲気に仕上げたからこそ、ガレージ扉の赤の存在感がますます際立つファサードです。

アクセントカラーが特徴的な高級注文住宅-2

キッチンダイニングは、シンプルモダンにまとめました。

床材には清潔感のある白い大理石を使用。広い窓から差し込む明るい日差しが反射し、日中は照明がいらないほど明るく爽やかな空間です。

壁や床の角には、ありきたりの直角を使っていません。それがこの空間のモード感をより一層強めてくれています。

広い壁一帯には奥行のある特注棚。入れるものを選ばない豊かなスペースは、生活感が出がちなダイニングキッチンにおいて、実用性の面でも高い効果を発揮するのです。

さらに、特注棚の上面は趣味のコレクションを気軽に飾れるギャラリーのような役割も果たします。季節やイベントごとに飾るインテリアを変えることで、気軽にお部屋のイメージを一新することも可能です。

キッチンの天井には、繊細な光を放つクリスタルのシャンデリアを吊るしました。シンクの水栓の芸術的な曲線と相まって、パーティーシンクはまるで舞台のよう。

お客様をお招きしてのホームパーティーが楽しみになる。そんなスペースになっています。

一日中光を遊ぶやすらぎの高級注文住宅

点在する壁掛けの照明のやさしい光が、この邸宅のファサードを穏やかに照らし出し、門をくぐる人を包み込むように迎えてくれます。

一日中光を遊ぶやすらぎの高級注文住宅-1

重厚感がありながらも親しみを持てる白い外壁、濃淡のあるベージュのタイルが美しいアプローチ。さらに、落ち着いたブラウンのガレージ扉。

外観を優しい色合いでまとめたことで統一感が得られ、温かみのあるエレガントな雰囲気が高まります。訪れる方々に安心感と満足感を与えてくれる、そんなファサードに仕上げました。

外壁や門扉に使用された黒のアイアンは、繊細なデザインの特注品です。外をいく人々の目線を程よく遮ってくれるので、プライバシーの面からも防犯の面からも高い効果を発揮します。

一日中光を遊ぶやすらぎの高級注文住宅-2

壁面の窓からだけではなく上部からも、自然光をふんだんに取り入れられるサンルーム。

フロアや壁、天井を清潔感のある白い色で統一し、テーブルやチェアにも淡い色合いを使用しました。

同色系で統一感のある色彩は室内の奥行きを生み出し、視覚的な広がりを感じることができます。

大きな窓の中央にクロスさせた窓枠は、外部からの視線をほどよく遮り、落ち着いたプライベート空間をつくり出しています。

サンルームに続くキッチンは、落ち着いた印象の木目で統一。

大き目の窓やサンルームからの光で、天気のよい日は照明がなくても快適に過ごすことができます。夜間にはシャンデリアのやさしい照明が、家族団欒の時間を穏やかなものにしてくれるでしょう。

冷蔵庫やワインセラーも壁面に収納できるようにデザインし、特別感あふれる雰囲気を生活感が壊すことなく、高い実用性も実感できます。

自由な発想でつくる参會堂の高級注文住宅

参會堂は、これまでに高級注文住宅を30年にわたって建て続けてまいりました。

参會堂が持つ高級注文住宅へのこだわり

私たち参會堂が手掛ける高級注文住宅は、“豪華な洋風住宅”ではありません。

現地の文化や暮らしを知るデザイナーが手掛ける設計と、現地で生まれた建材をつかった本物の家。

イタリアに常駐するスタッフ、海外パートナーとのネットワーク、建材・家具の直輸入ルート、さらに、現地のデザイナーなどとのアライアンス。

これらは、高級注文住宅にこだわる参會堂が、行っている取り組みのほんの一例です。

これらの取り組みにより、お客様のどのようなご要望にもお応えできる体制が整えられるのです。

理想の住宅は自由な発想から生まれる

参會堂が手がけてきた高級注文住宅には、映画のワンシーンを見ているかのような美しい外観の施工事例も数多くあります。

オーナー様が理想とするような住宅は、既成概念や固定観念に縛られない自由な発想から生まれます。

よくある外観や間取りを頭の中から取り払い、白紙の状態から家づくりを行うことは、勇気のいることかもしれません。

しかし、自分の住まいを自由に発想し自分の意志で編集していくことで、オーナー様の人生を輝かせることのできる唯一無二の舞台をつくりだせるのです。

さらに、10年後、20年後…、オーナー様のライフスタイルは刻々と変化していくことでしょう。

参會堂は、熟成を重ねるオーナー様の人生のように、歳月を経ることで味わいを増す家づくりを行っていきたいと考えております。

さあ、私たち参會堂と、“唯一無二の家をつくる”という、貴方の物語を一緒にスタートさせましょう。

記事一覧に戻る

この記事と同じカテゴリーの記事

  • デザインと機能性を追求した洋風豪邸の施工事例5選。洋風の住宅を建てる際の注意点も
    建築

    デザインと機能性を追求した洋風豪邸の施工……

  • 完全自由設計の注文住宅。フルオーダーで家づくりを行う魅力とは?
    建築

    完全自由設計の注文住宅。フルオーダーで家……

アクセスランキング ACCESS RANKING

  • 男が憧れる、かっこいい書斎の施工事例3選。理想の自分空間を手に入れようアイキャッチ
    デザイン

    男が憧れる、かっこいい書斎の施工事例3選……

  • 優れた邸宅の外観デザイン3選。豪邸に隠された⼀般的な住宅との差とは
    デザイン

    優れた邸宅の外観デザイン3選。豪邸に隠さ……

  • まさに芸術。個性的でおしゃれなガレージ・ガレージハウスの施工事例3選
    建築

    まさに芸術。おしゃれで個性的なガレージ・……

  • 建築

    4台の車が並ぶガレージの施工事例。こだわ……

  • クラシックな空間を華やかに彩る。おしゃれすぎる階段デザインの施工事例3選。
    デザイン

    クラシックな空間を華やかに彩る。おしゃれ……